独学で行政書士試験に合格するための必勝法

法律系資格の登竜門と言われることもありますが、行政書士試験は難関の国家資格試験であることに間違いはありません。独学で学習して合格するとなると、それなりの覚悟が必要です。

行政書士試験の出題範囲はとても広いことで知られています。憲法や民法はもちろん、行政事件訴訟法、行政不服審査法、国家賠償法など様々な法律に関する知識が問われます。

一通り学ぶだけでもかなりの時間がかかりますので、効率よく学習することが合格への必須条件です。テキストを選ぶときは、たくさんのカラーが使ってある見やすいものを選ぶと良いです。視覚的に捉えやすいことはとても大切です。

その他に大事なことは具体的にイメージしやすいように、法律に関わる判例等まで関連付けて掲載されているものを選ぶことです。他の法律との関連付けがあればなお良いです。

一部の人を除き、法律に関する知識は馴染みがないものが多く、慣れるまでに時間がかかりがちです。少しでも知識に触れている時間を長くするため、集中的に学習する時間の確保とともに、隙間時間を有効に使うべきです。

小さなノートを常に携帯しておくのも良いですし、携帯電話やスマートフォンにテキストを読み上げる声を録音しておき、イヤホンで移動中に聴くなどの工夫もおすすめです。

行政書士試験に独学で合格するためには、過去問の復習も大切です。学習しているとわかってきますが、繰り返し何度も出題される問題も一定数存在します。それらを確実に抑えるとで合格に近づくことができます。

点数の配分の多い記述式は確実に得点したいところです。記述式対策として、それ用のテキストを1冊準備して、記述することに慣れるようにしておくことも良い方法です。

一般知識は学習しづらいジャンルですが、この科目のみの点数が足りないために合格を逃す人も多いです。毎年出る個人情報保護法と、文章理解で確実に得点を重ねられるよう、個別で訓練をしておくと良いです。

きちんと計画を立て、正しく知識を積み重ねていけば独学での行政書士試験合格は可能です。難関試験ですが、あきらめず挑むことで合格が見えてきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ