行政書士試験の難易度と必要な勉強期間

法律系の国家資格の一つである行政書士試験は、
人気が高い国家資格です。

毎年4万人を超える人が受験をしていますが、
合格率は10%以下となる年も多く難易度が高い試験となっています。

行政書士試験で問われる問題は民法は行政法、
憲法や商法、そのほか行政書士として必要な法律の知識などが出題されます。

試験合格までの学習時間は、基礎知識があるかどうか、
専門の資格スクールの講座を利用するかどうかで違っては来ますが、
500時間以上の勉強が必要となり、勉強期間は半年から1年以上必要となります。

行政書士試験は年に一度行われる試験となっているので、
一回の受験で合格することができない場合、学習期間は
さらに長くなってしまいます。

民法や憲法、商法の基礎的な部分などは大学の法学部出身の人であれば
スムーズに学習を進めていくことができますが、
行政法の分野では、大学時代に学習していない項目も多いので、
一から学習をしていく必要があります。

独学で学習をする場合、書店などで販売されている過去問題集を利用したり、
専門の参考書などを自分で読むことになりますが、
内容をしっかりと理解するためには時間がかかってしまうので、
短期間で効率的に学習を進めたいと考えている人は、
資格の専門学校などで行政書士講座を受けたほうが効率的となります。

行政書士試験は他の法律系の国家資格の難易度と比較した場合、
司法書士や司法試験などの国家資格と比較すると取得しやすいものとなっており、
出題される分野も似ているので、それらの難しい国家資格を
受験するための準備として行政書士試験を受ける人もおります。

司法書士試験と一緒に取得すれば、仕事の幅を広げることができるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ