社会人は予備試験合格で弁護士目指す

司法試験は文系最難関国家試験と言われています。他にも同等と思われる難易度の国家試験は存在しますが、とにかくそう言われることが多いです。

その司法試験がとても難しい試験と言われる所以のひとつが、司法試験を受験する前にとても大きな壁を越えなければならないというハードルの高さを挙げられます。司法試験とは実はとても厳しい受験資格が存在するのです。それは2つあります。

法科大学院の卒業

一つが法科大学院の卒業資格です。法科大学院とはロースクールのことで、法律家養成大学ということですね。この法科大学院は法学部出身者が2年、他学部出身者が3年の課程が用意されているのですが、この単位を取って卒業できれば司法試験の受験資格が取得できるのです。

法科大学院はm地論入学試験があります。閲して簡単ではない試験に合格して、しっかり実務も含めた法律を学んで卒業しなければ司法試験に受援すらできないのです。期間がかかるし、勉強もたくさんしなければなりません。大変ですよね。

ちなみに法科大学院受験資格は大学卒業者、もしくは卒業見込み者です。

予備試験合格者

司法試験受験資格を得る方法のもう一つは、予備試験と言う試験に合格しなければなりません。もともと予備試験というものはありませんでした。法科大学院しか道はありませんでした(旧制度の司法試験とは併用されていましたが)。しかし、それでは法曹の道が閉ざされる人が多く発生してしまい、法科大学院と同等の学識があれば司法試験資格を与えてもいいじゃないか、ということで予備試験が設置されたのです。

この予備試験、特に受験制限はなく、誰でも受験できますが、その難易度たるや極めて高いのです。さすが法科大学院卒業と同等に資格ということで、そのレベルはかなり高いところに設定されているようです。

しかし、予備試験は設置趣旨に適うように、多くの立場の人間が司法試験目指して受験するようになりました。とりわけ、社会人の受験生は年々増えてきて、その分、社会人合格者も増えてきています。

予備校は通信講座を合格目指す!

予備試験は非常に難易度の高い試験なので独学では合格はまず不可能と言われています。そのため、予備試験合格を目指す者の殆どが予備試験受援対策の学校に行くことになります。

もっとも、社会人の方は通うことが事実上難しいので通信講座を利用する場合が多いです。通信講座であれば、自分の都合の良い時間に都合の良い分だけ勉強を進められることができますので、社会人には人気があります。

若い頃に弁護士を夢見ていた人って意外と多いと思うんです。働きだしたからもう無理だなってあきらめていた人も予備試験創設によってトライできるようになってきました。

予備試験の通信講座も決して安いものではありません。それでも、敢えて挑戦しようという心意気は素晴らしいものだと思いますし、頑張って夢を叶えてほしいものだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ