司法書士試験の難易度と必要な勉強期間

司法書士とは、法律に関係する書類の作成の代行が主な仕事の職業です。

不動産や会社など司法書士が行う手続きはいろいろありますが、この職につくには司法書士の国家資格が必要なため、常に需要があって給料もいい仕事です。

司法書士試験は難しい

しかしながら司法書士試験は非常に取得するのが難しい国家資格です。

日本で一番難しい司法試験についで、二番目に難易度が高い試験と言われています。

では、具体的にはどれほど難しいのでしょうか。司法書士試験の合格率は、毎年微妙に変わりますが、近年はだいたい3%ほどです。

受験者は17000〜20000人ほどなので、毎年数百人しか合格していなことになります。

この数字を見るだけでどれだけ難しく、競争率が高い試験なのかわかりますね。合格するには並ならない努力が必要なのです。

どのくらい勉強する必要がある?

これほど難しい試験に合格するには、どのくらい努力する必要があるのでしょうか。一般に、司法書士試験に合格するまでに必要な勉強時間は、平均して3000時間と言われています。とてつもなく長い時間ですね。

一年かけて勉強するとして概算すると、1日だいたい8〜9時間勉強する必要があります。専業で勉強できる方は毎日計画的に進める必要があります。

また、仕事をしながら勉強する人には非常に厳しい数字です。

もちろんこれはあくまで平均ですので、2000時間程度の勉強時間で一発合格する方もいます。効率的な勉強をして、時間を少しでも有効に使うのが大切です。通学やトイレなど、ちょっとした隙間時間にも勉強できるように、常に教材を持ち歩くなど工夫をしましょう。

司法書士試験は一回で合格するのはとても難しいです。諦めずに何度でも粘るつもりでチャレンジしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ